【腐MAD】ロク刹(ニル刹)で『t/r/u/s/t y/o/u』




【腐MAD】ガン/ダム0/0・ロク刹<逆風の時/空にひとり>+おまけ



【手書き00】B/U/M/P O/F CH/IC/KE/NのK【腐向け・完成】
(看懂歌詞才會感動T T 建议先把歌詞COPY下來,然后一边看翻譯一边看MAD)


週末の大通りを 黒猫が歩く
在週末的大街上 黑貓漫步著
御自慢の鍵尻尾を水平に 威風堂々と
水平擺動牠那自傲的尾端卷曲的尾巴 威風堂堂地走著
その姿から猫は 忌み嫌われていた
因為這樣的姿態 貓惹來人們的反感
闇に溶ける その体目掛けて 石を投げられた
人們朝著那與黑暗融為一體的身影 不停地扔石頭

孤独には慣れていた 寧ろ望んでいた
我早就已經習慣孤獨了 這樣反倒正何我意
誰かを思いやる事なんて 煩わしくて
也用不著去為了別人的事情而煩惱
そんな猫を抱き上げる 若い絵描きの腕
然而一位年輕畫家的雙手 卻將這支貓抱了起來
「今晩は 素敵なおチビさん 僕らよく似てる」
「晚安啊,漂亮的小貓,我們倆看起來很像呢。」

腕の中もがいて 必死で引っ掻いて 孤独という名の逃げ道を
牠在畫家手中掙扎著 死命抓傷他的手腕 想逃回那名叫孤獨的道路
走った 走った 生まれて初めての
牠跑著 不停地跑著 牠有生以來頭一次感受到
優しさが 温もりが まだ信じられなくて
人心的溫柔和暖意 牠現在仍然不敢相信
どれだけ逃げたって 変わり者は付いて来た
但不管牠再怎麼逃 那個怪人還是追了上來

それから猫は絵描きと 二度目の冬を過ごす
後來貓和畫家一起生活 一起度過第二年的冬天
絵描きは 友達に名前をやった 「黒き幸」ホーリーナイト
畫家替他的朋友取了個名字 「黑色的幸福」Holy night
彼のスケッチブックは ほとんど黒尽くめ
畫家的素描簿上 幾乎都佈滿黑色的線條
黒猫も 初めての友達に くっついて甘えたが
黑貓也因為頭一次交到朋友 而天天黏著畫家撒嬌

ある日 貧しい生活に 倒れる名付け親
但有一天 在貧困的生活中 為牠取了名字的親人倒下了
最後の手紙を書くと 彼はこう言った
他寫下最後一封信 並這麼告訴牠

「走って 走って こいつを届けてくれ
夢を見て 飛び出した僕の 帰りを待つ恋人へ」
「走吧!快走吧!請把這封信交給他,
交給那位身在故鄉,等著為追尋夢想遠走他鄉的我歸來的戀人。」

不吉な黒猫の絵など売れないが それでもアンタは俺だけ描いた
代表不吉祥的黑貓畫成畫根本賣不出去 但你還是只願意畫我
それ故 アンタは冷たくなった 手紙は確かに受け取った
因為這個緣故 你的身體才會這麼冰冷 所以這封信 我確實收下了

雪の降る山道を 黒猫が走る
在飄雪的山路上 黑貓奔跑著
今は故き親友との約束を その口に銜えて
現在牠正將已故親人的約定 銜在嘴裡奔跑著
「見ろよ、悪魔の使者だ!」 石を投げる子供
「你們看,那個惡魔的使者!」 孩子們朝著他扔石頭
何とでも呼ぶがいいさ 俺には 消えない名前があるから
不管你們怎麼叫我都無所謂 因為我有一個不會消失的名字
「ホーリーナイト」「聖なる夜」と 呼んでくれた
「Holy night」他叫我「神聖的夜晚」
優しさも温もりも 全て詰め込んで 呼んでくれた
他是灌注了所有的溫柔與暖意 這麼叫我的名字的
忌み嫌われた俺にも 意味があるとするならば
如果被人所討厭的我 也有意義存在的話
この日のタメに生まれて来たんだろう どこまでも走るよ
那我大概就是為了這天所生的吧 所以不管什麼地方我都得去

彼は辿り着いた 親友の故郷に 恋人の家まで あと数キロだ
牠終於到了親友的故鄉 距離他的戀人的家也只剩下幾公里了
走った 転んだ すでに満身創痍だ
牠奔跑 然後跌倒 已經是傷得滿身瘡痍
立ち上がる間もなく 襲い来る 罵声と暴力
但牠連爬起來的空檔都沒有 就得承受不斷襲來的怒罵與暴力相向
負けるか俺はホーリーナイト
我不能輸 我可是holy night
千切れそうな手足を 引き摺り なお走った
牠將像受到千刀萬剮般的手腳 給硬是抬了起來 並繼續跑下去
見つけた! この家だ!
找到了!就是這戶人家!

手紙を読んだ恋人は もう動かない猫の名に アルファベット1つ
讀了那封信的戀人 在已經無法動彈的貓的名字前加上一個英文字母
加えて庭に埋めてやった
然後埋藏在庭院裡
聖なる騎士を埋めてやった
將這位聖騎士(Holy Knight)埋藏在院子裡




【MAD】ガ/ン/ダ/ム/0/0-DOLL【ロク刹】




ガ/ン/ダ/ム/0/0 愛してね もっと【ロク刹】

神様(かみさま)に恋(こい)をしてた頃(ころ)は【当我爱上神明的那一刻】
こんな別(わか)れが来(く)るとは思(おも)ってなかったよ【何曾想过会有这样离别的一天】
もう二度(にど)と触れ(ふれ)られないなら せめて最後(さいご)に【如果从此再也无法触及】
もう一度(いちど)抱(だ)きしめて欲し(ほし)かったよ【至少请你给我一个最后的拥抱】
Its long long good-bye...【这将是一场漫长的离别...】
さよなら さよなら 何度(なんど)だって【再见 再见 口中不停呢喃】
自分(じぶん)に 無上(むじょう)に 言(い)い聞(き)かせて【心里却拼命在劝慰着自己】
手(て)を振(ふ)るのは優し(やさし)さだよね?【与你挥手道别 这一刻我多么温柔】
今(いま) 強(つよ)さが欲(ほ)しい【可我此刻更应该坚强一点】
貴方(あにた)に出逢い(であい)【与你相遇后】
STAR輝(かがや)いて アタシが生(う)まれて【星光璀璨如新星诞生】
愛(あい)すればこそ Iあればこそ【有你给予的爱 才有我的存在】
希望(きぼう)のない 奇跡(きせき)を待(まち)って どうなるの?【没有希望的奇迹 等待再久又能怎样?】
涙(なみだ)に滲(にじ)む 惑星(ほし)の瞬(またた)きは gone...【满面的泪水 渐渐黯淡了我的星光...】
忘(わす)れないよ 貴方(あなた)の温(ぬく)もりも【依然难以忘记你的温暖】
その優し(やさし)さも 全(すべ)て包(つつ)んてくれた両手(りょうて)も【你的温柔 还有你讲我包容的臂弯】
Its long long good-bye...【这将是一场漫长的离别...】
さよなら さよなら 愛(いと)しい人(ひと)【再见 再见 我最心爱的人】
貴方(あなた)が いたから 歩(ある)いてこれた【因为有你 我才能走到今天】
ひとりなんかじゃなかったよね?【我不再是孤独一人了吧?】
今(いま) 答(こた)えが欲(ほ)しい【此刻多想听到你的回应】
燃え(もえ)る様(よう)な流星(りゅうせい)【取一颗燃烧的流星】
捕(つか)まえて 火(ひ)を灯(とう)して【点燃我的星火】
愛(あい)していたい 愛(あい)されてたい【多想继续爱你 多想继续被爱】
冷え(ひえ)たカラダひとつで 世界(せかい)は どうなるの?【可也已冷却的星体 怎能将世界照亮?】
張(は)り続(つづ)けてた 虚勢(きょせい)が溶け(とけ)てく long for...【再也无力假装坚强 心中只剩渴望...】
どうしてなの? 涙(なみだ)溢(あふ)れて 止(と)められない【为什么会这样? 止不住的泪水 不停涌出眼眶】
貴方(あにた)に出逢い(であい)【与你相遇后】
STAR輝(かがや)いて アタシが生(う)まれて【星光璀璨如新星诞生】
愛(あい)すればこそ Iあればこそ【有你给予的爱 才有我的存在】
希望(きぼう)のない 奇跡(きせき)を待(まち)って どうなるの?【没有希望的奇迹 等待再久又能怎样?】
涙(なみだ)に滲(にじ)む 惑星(ほし)の瞬(またた)きは gone...【满面的泪水 渐渐黯淡了我的星光...】
もし生(う)まれ変(へん)わって また巡(めぐ)り会(あ)えるなら【如果能有来生 如果能与你再度相逢】
その時(とき)もきって アタシを見(み)つけ出(だ)して【请你在漫天星辰之中 找到我的所在】
もう二度(にど)と離(はな)さないで 捕(つか)まえてて【愿你拥紧我的身躯 别与我再次分离】
ひとりじゃないと 囁(ささや)いてほしい planet...【在耳边轻轻告诉我 我并非孤独的星...】


創作者介紹

Egozentrisch

fuidy89w 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()